板橋区にある相続したマンションを売却して開業資金にしました

心配事も多かったけど

田舎よりも都会に住みたい : 心配事も多かったけど : 新しい土地で頑張ってみようと思った

ただ心配だったのが、一戸建ての時は周囲に家もそれほどなく広々としていましたが、マンションとなるとファミリータイプとはいえ、隣近所があります。
上階に住んでいる人の生活音も響いてくるので心配していましたが、さいきんの建築は素晴らしく、防音効果がしっかり行われていたので不満に感じることもありませんでした。
両親だけでなく私も通勤に便利になったので、以前よりも快適に過ごせるようになりました。
その後、両親も亡くなり、単身でマンションに住んでいましたが、勤めていた会社を辞めて開業したいと考えるようになりました。
開業するために資格も取得しましたし、開業する事務所としての物件もすでにめぼしい物件を見つけていました。
ただ家賃の他に敷金や礼金も含めると、まとまったお金が必要になります。
開業のため貯金を心掛けていたので、支払う能力はありますが、万が一のために使いたくない資金でもあります。
そこで考えた結果、今住んでいる板橋区のマンションを売却することにしました。
板橋区は人気があるエリアだということもあり、不動産価値は購入したときよりもそれほど下がっていないので、売却するとまとまったお金が手に入ると考えたからです。